いずの かずまさ

幾多の工程を重ね、時間を経る魅力・歪みの美を表現テーマに制作。

 

美しさとは何でしょうか?

人や物の生きるストーリー。

その断片を劇的に意識した時、人は真理を感じる。

その真理の入口にあるものが、美しさという感覚ではないか?

これが自論です。

何かの映画で、こんなセリフが語られていました。

 

「若いということは美しい。」

 

若い時期人には劇的な断片(節目)が分かりやすく、幾度もやって来ます。

だから「若いということは美しい。」と思うのでしょう。

 

「ただし、美しいというものが若さということではない。」

 

と映画のセリフは続きます。

実は日常に劇的な断片(節目)はいつも潜んでいます。

ただ気付き難くなるだけです。

 

因みに、私の掲げる表現テーマはアンチ・アンチ・エイジングではありません。

感受性のアンチ・エイジングを促すような物です。

人や物の生きるストーリー、その断片を劇的に示すアイコンの制作です。

その手段として時間の経過、歪みを用いて表現をしているわけです。

 

 

 

 

伊豆野一政:1974年生まれ。

京都造形大学情報デザイン科卒業後、滋賀県信楽 寺垣外窯 杉本貞光に師事。

2005年東京に活動の拠点を移し活動開始。


展示・販売
1997年 スペース21 (東京)グループ展
1998年 ギャラリーイシス(京都)グループ展
2000年 立体ギャラリー射手座(京都)個展

2013年 現代茶乃湯アワード
2013年 第一回天祭一○八(東京・増上寺)
2014年 えんぎもの展 (東京・白白庵)

2014年第二回天祭一○八(東京・増上寺)
2014年 みあげもの展 (東京・企画白白庵・日本橋三越)

2014年第三回天祭一○八(東京・増上寺)

2014年『現代茶ノ湯スタイル展 ―縁 enishi』 (東京・渋谷西武B館8階美術画廊)

2015年二人展『土着の人』(東京・白白庵)http://www.pakupakuan.jp/

 

2015年予定

4月8日(水曜日)~21日(火曜日)

NEO SAKE CREATION

伊勢丹新宿店 本館5階 キッチンダイニング/和食器http://www.pakupakuan.jp/event/isetan_neosakecreation.html

 

4月17日~19日(金曜日~日曜日)

第四回天祭一〇八

東京芝増上寺 

http://www.tensai108.jp/index.html

 



スペースコーデイネイト
2014〜2015年 春・夏・秋・クリスマス・正月  (東京・お菓子工房ルスルス銀座松屋)http://www.rusurusu.com/
 
 

 

 

Follow me on Facebook

  • Facebook Square

TOKYO

HINERUHITO